TOP 果実酒 吉野いちじくのお酒
吉野いちじくのお酒
吉野いちじくのお酒
吉野いちじくのお酒
吉野いちじくのお酒

桜の名所・奈良県吉野町で、農家の南阪本圭司さんと湧谷由雄さんが栽培するいちじくは、上品で濃厚な甘みが特徴です。日持ちが悪く普段は地元以外への出荷は行っていないいちじくを、収穫後すぐにお酒にしました。

吉野いちじくのお酒 吉野いちじくのお酒 吉野いちじくのお酒 吉野いちじくのお酒
奈良県

吉野いちじくのお酒

果実酒 アルコール度数7%
¥3,500 (税別)
8,000円以上で送料無料 詳細
桜の名所・奈良県吉野町で、農家の南阪本圭司さんと湧谷由雄さんが栽培するいちじくは、上品で濃厚な甘みが特徴です。日持ちが悪く普段は地元以外への出荷は行っていないいちじくを、収穫後すぐにお酒にしました。
容量

商品情報

商品情報

アルコール度数 7 %
原材料 いちじく(奈良県吉野産)・醸造アルコール・糖類
ベース ホワイトリカー
系統 果実系

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

オススメの飲み方

ストレート
ロック
ソーダ
アイス
ホット
その他 ロック、アイスかけ

味わいの特徴

完熟いちじくの果肉がゴロゴロはいった上品で濃厚な甘みが特徴です。いちじく好きにはたまらない、ゴージャスな大人の味わいをお愉しみください。

ストーリー

こだわり農家とつくった
果実酒シリーズ

桜で有名な奈良県吉野郡吉野町

桜で有名な奈良県吉野郡吉野町

吉野町は、奈良県のほぼ中央に位置し、吉野山は古代から約3万本の桜が咲き誇る名勝地として知られています。また、古くは古事記や、日本書紀などにも登場し、修験道や源義経、後醍醐天皇、西行などにまつわる数多くの史跡が今も守り伝えられています。

とにかく手を掛け甘みを大切に

とにかく手を掛け甘みを大切に

上品な甘みが特徴のいちじくは、不老長寿の果物と呼ばれるほど、体に嬉しい栄養がたくさん入った果物です。しかし日持ちが悪いため、良い状態で流通しずらい果物でもあります。「吉野いちじくのお酒」は、とにかく手を掛け甘みを大切に育てた完熟いちじくを、収穫後すぐにお酒にすることで、いちじく本来のゴージャスな甘味を再現しています。

「吉野いちじくのお酒」に込められたつくり手の想い

「吉野いちじくのお酒」に込められたつくり手の想い

「吉野いちじくのお酒」の原料に使用したのは、吉野町のいちじく農家、南阪本圭司さんと湧谷由雄さんが栽培するいちじくです。おふたりは、実に栄養がいくように葉を手摘みし、太陽の光が当たり風通しが良くなるように気を配りながらとにかく手を掛けたいちじく栽培を行っています。そうやって大切に育てられたいちじくは、上品で濃厚な甘みが特徴です。しかし、収穫後一日しか良い状態を保てないいちじくの特性から、お客様に迷惑が掛かることを理由に地元以外への出荷は行っていません。おふたりはいちじくがお酒に姿を変え、たくさんのかたに飲んでいただくことで、いちじくの美味しさをたくさんのかたに知って欲しいと願っています。「吉野いちじくのお酒」には、つくり手のこだわりと想いが込められています。
SAKAGURA

北岡本店(奈良県)

奈良県南部、吉野熊野国立公園の入り口、ひと目千本と詠まれた桜の名所「吉野」に蔵を構える北岡本店。この地を主題にした名歌が「万葉集」に収められており、さらに時代が下ると源義経の東下り、後醍醐天皇の南朝、太閤秀吉の花見など自然と歴史と文化に満ち溢れた土地。「日本古来の酒造り技術を伝承し、おいしい酒を通じて、心温まる人間関係の成立に寄与する」をモットーに酒造りに取り組んでいる。コミュニケーションツールとして飲み手に幸福感を与える酒を目指し、「Made in Nara」の地酒を追及している。

お客さまの声

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
K
K.
甘くて美味しい〜

ロックでもソーダ割りでも美味しい。果実の感じもあってとっても好き。あまーい

銀.
休日のお供に

器に注いだ時から「いちじく」。口が広い酒器なら香りがふんわり漂う。甘さが強くとろみのある飲み口で種がプチプチしているのが非常に好み。いただくシーンとしては休日のおやつか食後のデザートか、ちょっと贅沢な気分になれた。絶対クリームチーズorブルーチーズが合う。あえて食事に合わせるならグラタン等のクリーム系で。野菜たっぷりのシチューと食べたら、思った通り相性抜群だった。

奈良県

吉野いちじくのお酒

果実酒 アルコール度数7%
¥3,500 (税別)
8,000円以上で送料無料 詳細
容量

こちらの商品もオススメです